Liber-arium の再構築<リフレーミング>

Liber-arium の再構築<リフレーミング>

現役大学図書館職員の発見と共有。

【企画ログ】職員共有企画「こうかんほんだな」


f:id:Tako_Library:20200912094023p:plain
Tako.


大学図書館職員の Tako. です。

ご覧いただきありがとうございます。

 ここでは今まで行ってきた企画記録(ログ)として残します。


職員共有書架「こうかんほんだな」

f:id:Tako_Library:20201007182701p:plain
ポスターはサンプル版
f:id:Tako_Library:20201007182808p:plain
ポスターはサンプル版


方法

・職員が私物の本を持ってくる
・奥付に自分の名前を書いた付箋を貼る
・書棚に置く
・本を借りたいときには、奥付を確認し、書かれている人に許可を取る
・特別管理はしないが必ず返すこと

意図

・事務室内で職員同士が交流できるような場所を作りたい
・「書棚を見れば人となりがわかる」と言われるように、部署全体での「感じ」を全員がイメージできるようにしたい
・タイトルの「こうかん」は交換交歓ダブルミーニング
・ポスター背景のキャッチコピー「こんなんありますけど。」はこんなん(こんなの)困難ダブルミーニング

動機

・ミーティングで業務提案をしても前提となる知識や経験が違うため、積極的に話に参加できる人とそうでない人に分かれてしまう
・平等な場であっても公正な場ではなくなってしまっている*1
・お互いに影響を与え合い、共通認識を築きたいと考えた

背景

・人数が少なく業務が属人化している
・ミーティングで話し合いを持とうにも他の職員の業務に対する理解が足らず、意見を出せない
・さらに属人化が進む

改善

・特定の人だけが持ち寄っているため、全体の本棚という感じがしない
・ぽつぽつと借りられてはいるので、共通の話題にはなった
・自分では気に入っている企画

―――

【参考・関連】

*1:追記あり】「平等」と「公正」の大きな違いが1秒で納得できる画像https://buzzap.jp/news/20141111-equity-vs-equality/